■ 2019年11月18日 23時 48分 15秒 

 ■ 2009年ノート 2009年01月25日
   

12月19日

年末ということで 若干お休みが目立ちました。
バリサクのたぬきさんがベースを弾いてくれました。しかも半そでです。(元気だなぁ。)
今年最後の練習ではありますが、いつものあの曲からです。

1. Georgia on My Mind
   アルトのフリーテンポの導入に6小節目からシンバルが重なってきます。
   シンバルの一音一音が大事です。 とってもデリケートですねぇ。
2. Watermelon Man
   ハービー・ハンコック初期のヒット曲 いろいろなミュージシャンがいろいろなアレンジでやっています。
   ロックのビートに乗ってにぎゃかに盛り上げたいものです。
   元気はつらつぅ !!  ファイト イッパツ !! ですぞ。
3. A Night in Tunisia
   カエルのほっぺでおなじみ ガレスビーの超有名曲であります。
   ソリストは元気いっぱいですが ちょっと高音につき苦しい音があります。
   どういたしませう。 ( ̄Д ̄;;
4. Days Of Wine And Roses
   サックス隊の聞かせどころです。
   なかなか 合わないようです。 一人ひとりの感じ方が違うのでしょうか。
   『ソリが合わない』 の語源はこんなところにあったのでしょうか。 ヾ(~∇~;) コレコレ
5. The Pink Panther
   酒バラ に続いてこちらも 映画音楽の巨匠 マンシーニの曲でございます。
   ダイヤ泥棒と警官の 抜き足差し足 と 御用だ 御用だの 緊張感を ぜひ


12月12日

1. Georgia on My Mind
  ※ ドラムさんが2人 本番ではどちらのドラムセットを使うのでしょう?
     ヘッドの張り具合や、シンバルの音色などなど 年明けにはきまるのかな。

2. Satin Doll
  ※ おなじみの曲です。 音の強弱をしっかりつけないと、だらだらした曲になってしまいます。
     フォルテ もそうですが ピアノ の時が難しい。 バンド全体で強弱をつけましょう。   
 
3. Sway
   ※ 数少ない 色合いの違った一曲
      色っぽいラテンで盛り上げましょう。

4. Take The ”A” Train
   ※ この曲もおなじみの曲。
      バンド全体で強弱のメリハリを
       フレーズの終わりまで吹ききりましょう。
       フレーズの終わりがしょぼくなるとリズム感が崩れてしまいます。
   ※ セクションでの掛け合いフレーズ それぞれが聞こえないと掛け合いになりません。
   ※ サックス隊からは 音量増強宣言 年明けから期待しましょう。

5. On The Sunny Side Of The Street
   ※ アンコール用の1曲 シャッフルのリズムに乗って 楽しく終われるようにしましょう。
      
12月5日
本番まであと4か月になりました。
練習日は16回となりました。

1. Georgia on My Mind
   この曲は何回練習したことでしょう。
   いままでで いちばん練習していると思います。
   それでも やるたびに 合わない部分があります。
2. The Chicken
   パート練習した時のテンポより、早いテンポで始まってしまいました。
   これは、指、目、頭がついていけません。
    くやしいなぁ。
3. Bone Busters
   ボーン隊は立ち上がって吹いていました。
    本番でもきっとかっこよく演奏してくれるとおもいます。
     バックは邪魔しないようにしなっくっちゃ、。
4. It's only a Paper Moon
   ボーカルさん風邪気味でしょうか。
    ハスキーな声がいい感じです。
5. It don't mean a thing
   同じようなテンポの曲が続きます。
    ドラムさんには、違いがでるように叩き方を工夫してくださいと、コンマスからの指示。
     ドラムさんは大変ですね。
   ※ どの曲でも同じですが、誰(どのパート)が目立つかを考えて
      バックは、きちんと吹きましょう。バックがバタバタとていると、そちらへ注意が行ってしまいます。
   ※ 休符中もどのようにして、休んでいるのか。目立たないようにするか、ソロを盛り上げるか曲によって使い分けなくてはいけません。
   ※ 休符中は、しっかりリズムを感じているのに、自分の演奏が始まると走ったり、遅れたりすることのないように。



****************************************************************************


11月21日
1. Georgia on My Mind
2. Star Dust
  ホーギー・カーマイケル の作曲
  母校のインディアナ大学を訪れ、校庭で星空を仰ぎながら懐かしい学生時代や
  大学の女王と呼ばれた美女ドロシー・ケイトの思い出に浸っていた。
  そのドロシーの面影を星空に描いている時に、このメロディが浮かんできたという。
  始めて歌詞付きで歌ったのは1931年のサッチモと紹介されています。
  手書きで いろいろな書込みがされており 見づらい譜面ですが
  美しいバラードです。
  ロクさんに歌い上げてもらいましょう。

3. A Night in Tunisia
  ガレスピーの代表的な作品の一つ。
  アフロと4ビートのリズムの組み合わせによるエキゾチックな雰囲気を持つ。
  テーマ、メロディが華やかでソロ演奏をとっての聴かせ所も多く、知名度も高い曲であるため、
  スモールコンボ、ビッグバンドのいずれでもステージのオープニングやクライマックスには好んで使われる。なとど紹介されています。
  ソリストの足をひっぱらないようにバックががんばらないといけません。

4. My Favorite Things
  ミュージカル『サウンド・オブ・ミュージックのうちの一曲。リチャード・ロジャース作曲、オスカー・ハマースタイン2世作詞。
  映画では、雷を怖がる子供達がマリア先生の部屋にやってくる場面で歌われる。
  ジャズのスタンダードナンバーとしても知られ、ジョン・コルトレーン等によってカバーされている。
  原曲は2拍子(8分の6拍子)だが、ジャズでは4拍子にアレンジされることも少なくない。と紹介されています。
  こんがらがっちゃって よく分かりません。
  デモ演奏を何回も聞かなくっちゃね。

5. ラストダンスは私と


11月14日

1. Georgia on My Mind
   バンマスのアルトから始まるレイ・チャールズの曲です。
   レイがまだうっすらと見えていた頃の故郷を思って作ったそうです。
   繰り返しコンマスにアドバイスされますが
    みんなが同じイメージを持って演奏することが大事です。 
   特にフューチャー曲では誰を目立たせるかをはっきり意識していることも大切です。
    バックが意味のない動き、自分は関係ないもんね的なそぶりは見ている人の意識をそぎます。
     これも注意しましょう。
2. Cute
   ドラムのブラシワークが聞かせどころの曲です。
   遠慮なさらずに、しっかり、渋く、目立ってください。
3. Someone to Watch over me

  心焦がすほどに会いたい人がいる
   その人がずっと
    私を見つめてくれることを願わずにいられない
  私は森で迷った子羊
   私を見つめてくれる人には
    きっといつでもいい子でいるわ
  
  ロマンチックな歌です

  しかし、自分が直訳すれば 『誰かが私を見つめている』
   ストーカーかホラー映画のタイトルになってしまいます。
  ミュートをつけてのラッパのフレーズ、スラーがついていますが、
   息も絶え絶えで まったく美しくありません。
  直訳的演奏になってしまいました。
   ガックリ 
4. It don’t mean a thing
5. Autumn Leaves


11月7日

1. Georgia on My Mind
2. The Pink Panther
   ヘンリー・マンシーニの作曲
    ダイヤモンド泥棒のあやしい雰囲気を醸し出しましょう。
    強弱記号は
    抜き足差し足の箇所と、
    御用だ!! 御用だ!! の繰り返しでしょうか。
    ダウンは ショート と ロング があります。
    二拍三連は 五木ひろし にならないように !!

3. Days of Wine and Roses
   こちらも、ヘンリー・マンシーニの作曲
   過去にも何度かやってきた曲ですが、
   聴かせどころのサックス・ソリでフレーズのとらえかたが、あっていないそうです。
   ブレスの箇所もきめておかないといけません。
   後ろから聴いていると、両はじの音はよく聞こえてくるのですが、センターの音が弱いかなと思います。
   強弱記号も mf と  f しかありません。落とすところはしっかり落とさないとメリハリがつきません。
   それと、ビブラートもつけなければ、色合いが薄くなります。


   刻々と本番が近づいてきます。
   試験前みたいですね。予習、復習、パー連あるのみです。


*****************************************************************************

10月31日
今日はリズム隊のパート練習の日でした。
そのせいではありませんが、なんとドラマーが3人もいました。
 1st ドラマーさんの後ろの 2人の達人は まるで授業参観のご父兄の様相
  大変なプレッシャーだったのでは。
しかし、4月のコンサートで自分達が感じるプレッシャーはこの比ではないでしょう。
 うぅぅぅぅ どうしましょ。

1. Georgia on My Mind
   今日はいつもとドラムキットが違っていました。
   本番ではどちらのドラムを使うのでしょうか。   
2. In A Mellow Tone
   ピアノさんのカウントから始まって、管楽器がかぶさってきます。
   オープニング候補曲です。
   お客さんをがっかりさせないように、きっちり仕上げないといけません。
   各パートでフレーズごとで息を吸うところ吸ってはいけないところを決めていきましょう。
3. Sway
   この曲は、ラテンでも『マンボ』の曲です。
   ボサノバでもチャチャチャでもありません。
   強弱記号は、書かれている箇所だけに適用されるものではありません。
   つぎの強弱記号が出てくるまで、継続まします。
4. On the sunny side of the street
   シャッフルのリズムにのって明るくいきましょう。
   山形アクセントに注意
   ダウンは長いダウンもありますが、短いダウンもあります。
   セクションであわせましょう。 



10月24日
今日は、自分にとって人生2度目のパート練習をしました。
1度目は練習の時間よりも、話をしていた方が多かったような記憶があります。
今日は午後5時から1時間程度でしたが、4人でチキンのユニゾン部分の練習です。
まず、歌って譜割をあわせました。
その後ラッパでテンポ90ぐらいであわせましたができないので
80に落としました。それでも危ない状態ではあります。
6時からはボーンの皆さんとチキンをあわせました。
4人であわないのですが8人になると、とんでもない状態です。
しかし、先週よりはほんの少しはよくなったでしょうかねぇ。
ボーンの皆さんは、他の曲もやっていたそうですが、ラッパ隊はチキンだけなのにグッスンでした。
パート練習、意外と面白いです。
パートだけでやると、譜割の感じ方、吹き方が違うのがよくわかります。
こうやってみんなで作っていくんですね。

バンマスから各自譜面のコピーをとって本番までそこにいろいろ書き込んでいくことになりました。
家でも、練習用のミュートをつけておさらいだい。
1. Georgia on My Mind
   やはり3連があいません。もうこの曲をやりだして1年になるそうです。
   w(゚o゚)w オオー!
2. Autimn Leaves
   イントロは派手目に テーマはソフトに そして、サックスのユニゾンは流れるようにでしょうか。
   「枯葉」はよく知られた曲です。 ていねいにやりましょう。
3. The Chicken
   パート練習の成果を見せることは、まだできませんでした。
   16分音符ではありますが、そんなに早く感じる必要はないそうです。
   ユニゾンはフォルです。 
4. Over The Rainbow
   譜割だけ見ると、さほど難しそうではありません。
   しかし、ボーカルをドラマチックに引き立てるよう、最新の注意をはらって
   きっちり演奏しなければなりません。
   非常に疲れる曲でもあります。 
5. It’s Only A Paper Moon
   この曲もけっこう知られた曲だと思います。
   信じることで夢がその人にとっての現実になる。
   1930年頃のアメリカ大恐慌時代に作られた曲だそうです。
   終戦直後の『リンゴの唄』のようにみんなが元気になったかも知れませんね。
   
   



10月17日

1. Georgia on My Mind
2. Bone Busters
   スイングのリズムにのってトロンボーンの皆さんに気持ちよく吹いてもらいましょう   
3. Days of Wine and Roses
   強弱をしっかりわかるように 
4. Star Dust
   古い譜面でわかりづらい箇所もありますがスタンダード中のスタンダードです。
   渋いテナーの音色で決めてください 
5. A Night in Tunisia
   ガレスビーの十八番 
   ラテンとスイングのリズムにのって熱くいきましょう。
   が4小節もブレイクでラッパのソロが炸裂します。
6. Watermelon Man
   ハンコック先生のデビュー作品に収録された大ヒット曲
   ノリノリで演奏しましょう
7. The Chicken
   ユニゾンがなければなぁ。
※ パート練習が始まります。
   その前に個人練習しなくっちゃね。

10月10日
練習前に第2回の実行委員会があり、コンサートの候補曲を決めました。
候補曲は以下のとおりです。もちろん時間の調整等で変更もあります。

第1部
1. In A Mellow Tone
2. Cute
3. My Favorite Things
4. Georgia on My Mind
5. It don’t mean a thing (Vocal)
6. The look of love (Vocal)
7. Someone to Watch Over Me (Vocal)
8. Bone Busters
9.  A Night In Tunisia

第2部
1. The Chicken
2. Days of wine and roses
3. Satin Doll
4. The Pink Panther
5. Autumn Leaves
6. Sway (Vocal)
7. Over The Rainbow (Vocal)
8. It’s only a paper moon (Vocal)
9. Star Dust
10. Watermelon man

アンコール用
On The Sunny Side of The Street (Vocal)
ラストダンスは私と

こんなにたくさんの曲を一度に演奏することは、今までありませんでした。
予習・復習が大切ですね。
皆さん、原譜のお持ち帰りは紛失の原因になりますので1階のコピー機を利用してください。

さて、今日の練習ですが
1. Georgia on My Mind
2. Cute
   ドラムのブラシワークが聞かせどころの曲です。
   ミュートを付けたらピッチが変わります。注意、注意 !!
3. Sway (Vocal)
   マンボのリズムにのって腰をくねらせて踊れるように
   いやらしく演奏しましょう。
4. Over The Rainbow (Vocal)
   強弱をしっかり
   いったきりはダメです  
5. My Favorite Things
   ※ソロはMuraさんです。
    バックがぐちゃぐちゃではソロも気持ちよく吹けませんね。 おさらい おさらい
6. On the sunny side of the street (Vocal)
   スィング じゃなくて シャッフル です。

   
10月3日
TbMatuさんが今日から復帰です。よかった、よかった。
今日はバンマスはお休みでしたが、いつもの曲からスタートです。

1. Georgia on My Mind
   やればやるほど難しく感じられてきます。
     Slow 12/8 feel 感じてますか?
2. Days of wine and roses
   酒とバラの日々 映画音楽の巨匠ヘンリー・マンシーニの曲です。
   曲のイメージは美しくなんですが
   実は 「HARD, DRIVING SWING」 と書いてあります。
   SOFT じゃないんですねぇ。   
3. It don’t mean a thing (Vocal)
   「スイングしなけりゃ意味がない」 と言われないようにスイングしましょう
4. It’s only a paper moon (Vocal)
   「ペーパー・ムーン」という映画の主題歌にもなっています。
   1930年頃のアメリカ大恐慌時代の曲だそうです。
5. On the sunny side of the street (Vocal)
   この曲も、1930年頃の曲だそうです。
6. The look of love (Vocal)
   カジノ・ロワイヤル(「007シリーズ」の元になった第一作目の作品だそうですが
   実は、パロディ映画)の中で使われた挿入歌
   いろいろな歌手も取り上げており、ダイアナ・クラールも色っぽくボサノバに乗って歌っています。
7. The chicken
   かっこいい曲なんだけどなぁ。
8. Watermelon man
   元気一発!!でなんとかならんかなぁ。

  候補曲は、MEDIUM SWING とか MODERATE SWING の曲が多く、それぞれの曲の特徴をつかんでやらないと、みんなおんなじに聞こえてしまうかも?といって早いテンポはあまりないしなぁ。
  まず、譜面を手にしたら、曲の進行、臨時記号などを確認し、どんな感じの曲かをイメージしましょう。僕はボサノバ、あなたはルンバではぐちゃぐちゃになってしまいます。



******************************************************************


9月26日
今日はボーン隊が手薄ではありましたが4月のコンサートに向けての候補曲の中から
1. Georgia on My Mind
2. Satin Doll
3. Autumn Leaves
4. Bone Busters
5. Sway
6. Somwone To Watch Over Me
7. Over The Rainbow
8. I’m Beginning To See The Light
9. Watermelon Man
   ※ラッパのソロは康くんに決定 !!

今日の練習では、コンマスがリズムの話や曲の特徴などの話をして
すぐにカウントが始まり演奏開始というパターンを繰り返しました。
夏祭りでは、司会のMCが終了してから、テンポを確認それからカウントがでて、演奏という
ちょっと、みばえの悪い進行が続いていた点、また、すべての曲のカウント出しをドラムさんに任せており、ドラムさんに負担をかけすぎていることの反省もあるようです。
ピアノさんが出してもいいし、ボーカルさんが出してもいい。もちろん、ドラムさんが出したほうがかっこいい曲もあります。徐々に煮詰めて行く必要があります。
コンマスが、それぞれの曲についていろいろ質問をします。
これからやろうとする曲がどんな曲なのか、
「元気のいい曲」なのか「しっとりしたバラード」なのか「マンボ」なのか「ボサノバ」なのか
全員が同じイメージを持っていることが大事です。そのために質問してくれているのだと思います。
みんな固まらずに思ったことを発言しましょう。



9月19日
大型連休の初日のせいもあって、他のイベントに重なり、少しさびしい状態ではありました。

1. Georgia on My Mind
2. The Pink Panther
   ピーター・セラーズ主演の古い映画でしたが、最近、スティーヴ・マーティン主演で復活しているようです。
   抜き足、差し足でピンク・パンサー(でっかい宝石)を盗もうというイメージです。
   ぜひ、ロクさんのテナーでお願いします。
3. Jumpin’ At The Woodside
   オープニングで演奏されることもあるベイシーのおはこ
   ピアノとベースのおなじみのパターンにドラムがチーチキ、チーチキと続く
   ホーンセクションが重なれば もういっきに ベーシーの世界
   この譜面は、そんなに早くはありません。
   というより、いつものテンポに近いと思います。
   テナー、ペット、ボーン、ピアノにソロがあります。
   とにかく、スイングすることが肝心でございます。 
4. The Chicken  
5. In A Mellow Tone


9月12日
今日は、1stコンサートに向けて実行委員会がありました。
ステージの構成としては、
1部はベイシーものをメインにいわゆるいかにもジャズ路線。
2部はお客さんが楽しんでいただけるような曲で構成する。
ボーンの二人は経験豊富でいろいろクリアしていかなければならないポイントを支持してくれます。
まずは、選曲が1番ということで、候補曲としてあがった曲です。
1. In A Mellow Tone
2. Hay Burner
3. Bone Busters
4. Sway (Vocal)
5. Someone to Watch Over Me (Vocal) 
6. It Don’t Mean A Thing (Vocal)
7. Georgia on My Mind
8. Cute
9. Autumn Leaves
10. Water Mellon Man
11. The Chicken
12. Gonna Fly Now
13. Beyond the sea
14. When You Wish Upon The Star
15. It’s Only A Paper Moon (Vocal)
16. The Look Of Love (Vocal)
17. Over The Rainbow (Vocal)
18. Day of Wine And Roses
19. The Pink Panther
20. My Favorite Things
21. Jumpin’ At The Woodside
22. Satin Doll
23. I’m Beginning to See the Light
24. On The Sunny Side of The Street (Vocal)
※ ソロは全員がとれるように持ち曲を決めてしまいましょう。

さて今日は
1. Georgia on My Mind
   盛り上がるところは盛り上がる
   落とすところは確実に落とす
2. My Favorite Things
   出だしがあわないと、ピアノさんとベースさんが確認
   他のパートもしっかりあわせていきましょう。
3. The Pebble Beach Theme
   本番でぎこちなかったのはなぜでしょう。
   2拍で数える人と4拍で数える人 これではいけません。
4. The Chicken
   16分音符のユニゾン
   指がもつれるというか、動きません。
   反復練習あるのみです。
  


9月5日
先週の 『夏まつり』 お疲れ様でした。
今日は、夏祭りの反省と初のコンサートへ向けての『意思確認』、『決意表明』になりました。
それだけ、コンサートへ向けて注意しなければならない点が噴出した、逆にいえば、ここで気がつけてよかったのかもしれません。

まとめ切れなかったのは「すべて自分に責任がある。」とバンマスが語りましたが、各自思うことが多々あると思います。
バンマス これからもよろしくお願いします。

途中、雲行きが怪しくなってしまいましたが、コンマスがこんな発言をしたのも忘れないでください。
「ベースさんがよく練習しているのは分かるし、途中で管が走ったり、食ったりしてもベースさんが安定したプレイをしてくれたから、おおくずれにならなくてすんだ。」と。
コンサートまで、時間が「ある」のか「ない」のかは分かりませんが、自分はまだ「ある」と思っています。
今日の練習では、コンマスが、ボーカル曲のイントロを使って、いかに集中するかを繰り返しました。
ステージでは、MCが終わってから、おもむろにテンポを確認して、カウントが入って曲が始まる。
これでは、かっこ悪いですからね。



*************************************************************


8月8日
先週は、お疲れさまでした。
気がつけば、29日の夏まつりまで今日を混ぜて3回です。
今日はこんな曲を練習しました。
1. Georgia On My Mind
2. ジブリ・コレクション
3. In The Stone
4. Here, There And Everywhere
5. Come Together
6. Someone To Watch Over Me
7. Time after Time
8. 慕情
9. カチート
※初見の譜面はジブリ・コレクションだけのはずですが、危ない曲ばかりです。
  どうしましょ。
  そんな中ではありましたが、テナーの1番、2番が今日はお休み
  その間隙を縫って3番さんが存在感を増しました。



8月1日
午後から慰問演奏を行ったため、今日の練習はお休みです。


******************************************************************


7月25日
あっという間に来週は初の慰問演奏です。
今日は、慰問用の曲を中心に練習しました。
1. ジョージア・オン・マイ・マインド
   ※ その日の調子がわかるかも
2. セサミ・ストリートのテーマ
3. マイアミ・ビーチ・ルンバ
4. スウェイ
5. 星に願いを
6. 美空ひばり メドレー
7. 服部良一 メドレー
8. ラスト・ダンスは私に
  スウェイとひばり以外は何回も練習した曲です。
  なのに 進行を忘れてしまうのは なぜ?
  ミュートの効果がだせません。
  2列前のサックス隊には聞こえてないそうです。本当ですか?がっくりです。
   


 
7月18日
所要にてお休みしてしまいました。
バンマスからのコメントでぇ〜す。

いつもの如くあの曲から今日も練習スタ−トです、
後半「57」からのメリハリをもう少し付けましょう。
続いてひばりメドレ−、
「K」から3拍子になります、拍をしっかり感じて下さい。
次も服部メドレ−です、
曲の切り替わりのテンポに注意!「I」からのテンポ120は速すぎになりがちです、ドラムさんよろしくネ!
次はヴォ−カル曲です、
虹彼方のフォルテは、がなり過ぎないように上品なフォルテを心がけてください。
Sway、ラテンの曲です、8分の後のアクセントはしっかり付けましょう、スタッカ−トは短く歯切れ良く、エンディング8分の頭でしっかり止めてください、
イントロから歌いだし「A」前の2小節はドラムさんのきっかけが必要です、かっこいいフィルを考えてネ。
SomeoneToWatctOverMe、
綺麗なバラ−ドです、しっとりと歌い上げましょう。



7月11日
むーみんさんも復活して、いよいよ夏のイベントに向けてという感じでしょうか。
バンマスも先週奪われたジョージア奪回の意気込みにドラムさんも、今日はグッドのできでした。
1. Georgia ON MY MIND
   ※ 何回もコンマスから注意されますが、この曲の主役はアルトです。
      勝手に盛り上がらないように。強弱記号を確認しましょうね。
2. Sway
   ラテンのヒット曲「キエンセラ」の英語バージョンです。
    耳にして見える方もおありのことと思います。
     イントロから唄に入る2小節、ドラムさんよろしくね。
3. Someone To Watch Over Me
   ガーシュインが作曲したバラードです。
    最近○○不動産のCMで美しい海岸とクルーザをバックに流れていたのが印象的です。
4. Over the Rainbow
   この曲のイメージをよく考えて
    フォルテであっても がなってはだめ 朗々と
5. ラストダンスは私と
   ミュートをつけたら
    弱音器ではないこと
    ミュートの種類によって チューニングを意識すること



7月4日
8月1日の特別養護老人ホームへの慰問と29日の夏祭りと本番が近づいてきました。
今日はバンマスはお休み。どうなるかと思いましたが、いつものあの曲からスタートです。
1. Georgia ON MY MIND
   今日は管理人さんが代役をこなしてくれました。
    隙あらばですね !! ご用心 ご用心
2. カチート
   マンボのリズム
ラテンにもいろいろなリズムがあって、それを感じ取って演奏しなければ
    マンボにもルンバにもなりません。
3. マイアミ・ビーチ・ルンバ
   ルンバのリズム
4. セサミ・ストリートのテーマ
   イージー・スイング
    イージーと言っても簡単なではありません。
    鼻歌交じりで ふんふん みたいな感じでしょうか。 
5. イン・ザ・ストーン
    曲を聞いて、できそうかなと感じる曲を譜面を見ることで、必要以上に難しく捉えないでと
    コンマスに言われました。
    フェニックス・ホーンなんか踊りながらきめてるもんね !
6. 加山雄三ゴールデンヒットメドレー
    ドラムさんの大好きな加山雄三ですよ !
     これは違うなんていわないでね。
7. 服部良一・不滅のヒット曲・メドレー
    蘇州夜曲 美しいなぁ。 大好きです。


*********************************************************************


6月27日
ギターさんはお仕事、ボーカルさんはお母様の看病、サックス隊もやや寂しい状態でしたが
いつもの曲で練習開始

1. Georgia ON MY MIND
   ※ 1回目はいいのに、回数を重ねると3連譜が崩れてきます。
      ドン タタタ ドン タタタ です
      ラッパに合わせられると どうしていいかわからなくなります。

2. YESTERDAY
   ※ どこが「イエスタデイ」かわからないという声が多いです。たしかに、バックにまわってしまうと何がどうなっているの?状態です。
     しかし、よく聞くと どこぞここぞののパートで耳になじみのメロディーが奏でられています。
3. COME TOGETHER
   ※ 16ビートの譜割は難しいですが、こちらの方がいいかもね。 ギターさんに活躍していただきたいのに何故かお休みの日にあたります。
4. HERE, THERE AND EVERYWHERE
   ※ 長めの曲ですが、ジャズワルツのリズムにのってテナーさんの聞かせどころですね。
5. The Pebble Beach Theme
   ※ 今年の夏祭でお披露目できるでしょうか。それにしても長い曲で終わりのほうはばてばてで、リゾート気分の雰囲気はだしぇましぇ〜ン。
   ※ ボサノバの曲はポルトガル語で歌うように  韓国語やドイツ語のような風ではあいませんよねぇ
6. Lullaby of Birdland
   ※ 聞くのは好き。やるのはムムム .... そんな譜面を少しでも減らしたいなぁ。



6月20日
8月1日の慰問演奏用にと用意した譜面が4種類は、さすがに多すぎました。
とにかく、吹きっぱなしです。唇がもちません。
1. Georgia on my mind
2. 加山雄三ゴールデンヒットメドレー
3. 石原裕次郎ヒットメドレー
4. 美空ひばり大メドレー
5. 服部良一・不滅のヒット曲メドレー
6. My Favorite Things
7. It’s Oh, So Nice
 歌謡曲は、聴いている人が歌えるように吹くこと。変にくずして吹かないことが大事。
 メドレーは、曲の変わり目でリズムやテンポ、臨時記号もどんどん変わっていきます。
 進行の確認も前もって、しておきましょう。
 ※ 上の階は、宴会でしょうか。カラオケの音が聞こえてきました。しかも裕次郎。参考になります??
 ※  It’s Oh, So Nice のドラムさんんはいい感じでした。
    その秘密は  ⇒  TbMatuさんのブログで 


6月13日
初リサイタルの日程が決定しました。
来年4月11日(日)です。まだ、会場を抑えただけですが、はじめての経験です。
これを目標に、ステップアップを目指しましょう。
1. Georgia on my mind
  ※今日は1発でドラムの3連が合いました。
2. LONELY  STREET
3. YESTERDAY
4. COME TOGETHER
5. HERE, THERE AND EVERYWHERE
6. IN THE STONE
7. 88 BASIE STREET
 ※ ビートルズの名曲の新譜です。
耳にしたことのある曲ばかりですが、ラテン風、ファンク風、ワルツと編曲してありますので、
初見では おっとというかんじです。
   アースの曲も16分音符にはてこずりそうですが、アースは大好きです。
   コンマスにいわせると「どこが難しいの?」
    そして、「必要以上に難しく捉えないように」とのことです。
    デモ演奏を聞いてまずは、イメトレですか。


6月6日
関西のインフルエンザも沈静化し、なにわのギターさんが加わり、リズム隊も勢ぞろいです。
ギターのカッティングが聞こえてくるとしっくりきます。
まずは、
1. Georgia on my mind
ここで、先週のベイシーのサンプルCDの影響でしょうか
さっそくコンマスが新しい譜面をもってきてくれました。両方ともアルトフィーチャーの曲です。
2. LONELY  STREET
3. SAMANTHA      
  ※ まったく覚えていませんでしたが、「Fancy Pants」に入っている1曲です。
4. CUTE
5. Shiny Stockings
6. 相馬盆唄
7. Moon River
8. Mission  Inpossible
 こんな曲を練習しました。
  しかし、ミュートプレイが続くとヘロヘロです。






*****************************************************************************


5月30日
今日はすごいです。
サックス隊が8人、ラッパもボーンも4人ずつ。
リズム隊も、なにわのギターさん(インフルエンザの感染防止のため、自主休業)以外が揃って
後ろから眺めると壮観です。
お休みのボーカルさん、残念でしたね。
ギターさん、インフルエンザもやや沈静化してきていますが、街の様子はどうですか?
さて、今日はこんな曲をやりました。
1. Georgia on my mind
2. The Pebble Beach Theme
3. CUTE
4. It's oh so nice
5. 慕情
※ TbMatuさんからベイシーのサンプルの提供がありました。
   何回も聞き倒したいと思います。昔ならレコードが擦り切れるぐらいといきたいところですが、現在は擦り切れることはありません。
※ ドラムは足(バスドラ)が大事とコンマスが繰り返して言います。ビッグバンドのドラムのかっこよさを再発見できるかな。




5月23日
今日は珍しくラッパ隊が5人と充実し、ボーン隊が2人と寂しい状態でした。
こんな日もあるんですね。
1. Georgia on my mind
2. Harlem Nocturne
3. Besame Mucho
4. That Old Black Magic
5. Misty
6. Time After Time
※ 3連譜や音の切り方などいつもコンマスが注意してくれていることですが、遊びにきてくれたMatudaさんが1番を吹いてくれるとわかりやすいです。
セクションで吹き方を事前に決めておかなければダメと注意されました。
※ こちらも久しぶりのKawaseさんから、ドラムさんへのアドバイスがとんでいました。
 せっかくのアドバイスです。ひとつでも多く吸収したいものです。
※ むーみんさんが掲示板に対訳を書き込んでくれたのに、思い出せませんでした。すいません。
※ むーみんさんがミスティのエンディングで指揮をとりました。自信を持って振ってください。





5月16日
午後7時にはほぼ全員がそろい、練習が始まりました。
もちろん、ベースさんもね。
今日は、ベイシーメドレー状態になりました。

1. Georgia on my mind
2. 88 Basie street
3. Shiny stockings
4. It's oh so nice
5. Cute
6. In a mellowtone
7. Lullaby of Birdland
 ※途中でバンマスがベイシーは難しいと弱音 ? をはきましたが
   これまで、ベイシーものを避け続けてきたのですが、譜面だけはけっこうあるものです。
   CDやデモ演奏をしっかり聞いて、きっちり仕上げたいものですね。
   相変わらず、ミュートを付けると聞こえないそうです。
   サックスさん ことさら 突っ込まないでください。 ヾ(・ε・。)ォィォィ


5月9日
GWもあけて、1週間ぶりの練習です。
風邪でお休みの人もいましたが、ほぼ全員集合でした。
しかし、無駄話に熱中するあまり、なかなか練習に入らず、
おそらく、業を煮やされたのでしょう、ベースさんが帰ってしまわれました。

 Σ( ̄Д ̄;)がーんっ!

ビッグバンドですから、メンバーがそろわないと練習になりません。
週に1回しか無い練習の機会です。もっと大事にしましょう。

で、今日はベースなしでの練習となりました。
1. Georgia on my mind
2. Harlem Nocturne
3. It's Oh , So Nice
4. Misty
5. Lullaby of Birdland
6. Take the "A" Train
 ※ どの曲もペースが無いとさびしいです。
   


*********************************************************


4月25日
もうすぐ5月というのに、とっても寒い日でした。
1. Georgia on my mind
2. Sweet Georgia Brown
3. That Warm Feeling
4. Moanin'
5. On The Street Where You Live
6. Misty
7. St. Thomas
 ※ ここ数回は、蔵出しシリーズ
    毎回、初見状態でやってきましたが、
     やっぱり、お蔵になっていたことを再確認したものもありますが
      これはいけるかもと思う曲もありましたが、みなさんお好みの曲はあったでしょうか。


4月18日
春になって、いろいろな花が咲くようになってきました。
わが家の雑草もとっても元気です。
1. Georgia on my mind
  ※ いよいよ 本番でのお披露目決定か 
      バンマスの暗記力は健在でした。
2. Shiny Stockings
  ※ ドラムさん もっと おしゃれに叩きましょう。
    Soft とは文字通り ソフトに表現しましょう。 mpでもPでもありません。
3. Summertime
  ※ ガーシュインのオペラ『ポーギー アンド ベス』の1曲
     決して明るい曲ではありません。むしろ暗く、哀しい感じが表現できるといいですね。
4. Lullaby  Of Birdland
  ※ コンマスの採譜によるベイシーのバージョンです。当時は4番ラッパでした。1番はキツイ。音がでましぇん。
  ※ ニュー・ヨークのマンハッタンにあるジャズ・クラブ「バードランド」に由来する。盲目のピアニスト、ジョージ・シアリングの作です。サラ・ボーンやクリス・コナーなどいろいろなミュージシャンに演奏されています。
5. It’s Only A Paper Moon
 ※ ボーカルの途中でバックの演奏が、吹流しになって、わけがわからなくなるところがありますが、YouTubeでナタリー・コールのものがあったらごらんください。なんとなくですが感じがつかめるかも。ただし、バックの演奏は格段に落ち、かつ、不況和音と、テンポを乱しますので、よろしくね。
6. I’ve  Got  You  Under  My Skin
 ※ これは、いけるかもね。
7. Polka  Dots  And  Moonbeams
 ※ パグ犬の鼻のような女の子? だんごっ鼻とも違うんだよねぇ。
    どんな鼻?


4月11日
学校も始まり、女子高生の制服姿(短くなったスカート)におじさんニッコリ
春爛漫であります。
 くれぐれも わき見運転をなさらぬように。 注意 !! 注意 !!
それにしても 今日は暑い日でしたね。 夏の暑さが思いやられます。 
さて、本日の練習は
1. Georgia on my mind
  ※ いよいよ 本番でのお披露目か?! 
      バンマスの暗記力は健在? 
2. マンボbT
  ※ 「マンボらしいリズムではなく、マンボのリズムを叩いてください。」ときびしいご指摘
  ※  ところで 「まんぼ」 という駄菓子 知ってましたか?
     マンボ菓子(通称マンボ)はポリエチレンのチューブに酸を抜いたラムネ状のものを詰めた棒状     の駄菓子。(原料はコーンスターチ)
3. My Funny Valentine
  途中でサンバに変わります。この手の曲はリズム隊は大変そうですね。
   ちなみにラッパは吹き伸ばしているうちに、サンバに変わっていますので、あなた任せ状態です。
4. Strike Up the Band
  オープニングで使いたい1曲であります。
   ドラム譜がありませんが、何とかよろしくね。
5. I've Got You Under My Skin
  以前は、なんか変ということで、即、お蔵でした。
  なんか いけそうです。
6. That Old Black Magic
  前曲と似たアレンジ?
   同じアレンジャーでした。 使いまわし それとも 定型句 でしょうか
7. Polka Dots and Moonbeams
  以前 本番でお披露目したのに
   今日は ぐっすんでした。 でも 素敵なバラードになると思います。
    何とかしましょうね。 



4月4日
今日から練習会場は有料です。時間を有効に使って練習しましょう。
今日はこんな曲をやりました。
1. Georgia on my mind
2. Satin Doll
3. Frekle Face
4. Mission Impossible
5. That Old Black Magic 
6. Over the Rainbow
 ※ ミュートを付けて演奏するときは、ミュートの音色を聞いてもらうことが大事です。
    けっして 弱音器ではありません。
   さらに ミュートを付けると 普段より ピッチが高くなります。
    ということは 
     音を下げねばなりません。 ( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・・
   サックスには ミュートがなくて よかったですねぇ。


 
*************************************************************

3月28日
夏まつりまで時間があります いろんな曲にトライしてみましょう。
1. Georgia on my mind
  3連譜の パターンが ドラムとラッパで違っていることが 発見できました。
   めでたし めでたし です。
2. SHINY STOCKINGS
3. Peter Gunn
4. Pennsylvania 6-5000
5. Bye Bye Blackbird
6. My Favorite Things
7. L-o-v-e
 新しい 譜面をだすと コンマスから紹介をもとめられます。
  これは こまったぞ !!
 次回 バンマスは フレックル・フェイスをご所望です よろしくね。





3月21日
康くん 今日もきてくれました。しかも、先週はなかったミュートを持っています。
これで 心配されたラッパ隊も少しは安定しそうです。
しかし、人数がそろっても何ともならないこともあるので、ご慈悲とご配慮をお願いします。

1. Georgia on my mind
3連譜がなかなかあいません。
  音が高いので3回目は音がでましぇ〜ん。トホホです。 
2. SHINY STOCKINGS
  相変わらず ミュートを付けると注意をうけます。はぁ〜。
   輝くストッキングでご婦人方が華麗にダンスできたらすばらしいのにねぇ
3. SPAIN
  ピアノさんのご所望です。これがあの「スペイン」でしょうか?
   チック・コリアがなんじゃこりゃ?
4. The Pebble Beach Theme
  高級リゾートの雰囲気とは程遠い、必死の演奏になってしまいます。
5. Besame Mucho
  譜割とは裏腹 息が続かない、苦しいよ〜
   どおして あんな遅いカウントを出すの? 酸欠でチアノーゼ状態必至
6. CUTE
   かわいらしさはどこえやら
    キュウキュウとした演奏ではねぇ



3月14日
今日は、うわさの新人 康くんの登場です。
とにかく若いです。トランペットもピカピカ輝いています。
ということで 練習開始時から 久しぶりにラッパ隊4本そろいました。
 本当に久しぶりです。 o(*^▽^*)oエヘヘ!
  
1. Georgia on my mind
2. Harlem Nocturne
久しぶりのこの曲 いがいといけるかもね?
3. Over the Rainbow
4. In a mellow tone
5. My Favorite things
   デモをアップして満足していました。もっと聞き倒して耳から理解しなくっちゃね。
6. Take the "A" Train



3月7日
みなさん公民館まつりはおつかれさまでした。
余韻に浸ることもなく練習に突入です。
1. Georgia on my mind
2. 88 Basie Street
デモは聞いたんですが、いざ譜面を目の前にするとちんぷんかんぷんです。
   
3. MY Favorite Things
  デモは聞いたんですが、こんなテンポの速いアレンジとは?! 
    ; ̄ロ ̄)!!
4. Time after time
  いい曲です。出だしがちょっと  (;^_^A アセアセ・・・
5. Besame Mucho
   息が続きません。
6. Softly, as in a Mornung Synrise
   久しぶりのこの曲
    一度お蔵入りかな  m(-_-)m スマヌ
7. CUTE
   ものにしたいですね。

  ※ みなさぁん デモ聞いてくださいね。
     
  来週は トランペットの新人が
((o(^-^)o))わくわく



*****************************************************************

2月21日
今日はむーみんさんの紹介でバストロの水谷さんが練習に参加してくれました。
いかにもバストロという、りっぱな体格の男性です。定着していただけるとうれしいです。
  ヨロシク(^○^)/
こんな曲を練習しました。
1.Georgia on my mind
2.CUTE
3.Over the Rainbow
4.88 Basie Street
5.Besame Mucho
6.Time after time
7.Take the "A" Train
8. Golgfinger Theme

最近コンマスから 「この曲はどんな曲でしょうか?」という問いかけがされます。
ビッグバンドはインストものが多いので、よく耳にする曲でも、漫然と聞いていることが多く
曲の由来や歌詞の内容まで気にすることはありませんでした。
歌ものは当然ですが、歌詞があります。その内容を知ることで、バンドの全員が同じイメージを持って演奏することは、大事なことです。インターネットで秘かに調べたいと思っています。
ベサメムーチョはただ明るいだけのラテンの曲ではなかったんですね。
   ( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・・
今日のワンポイント
 「強弱記号は段が変わっても続いています。次の記号が示されるまで勝手にやめないこと」


2月14日
そうです。今日はバレンタインデー。
いつから こんな日ができたのかわかりませんが
むーみんさん 毎年ありがとうございます。

1 Georgia on my mind
2 Miami Beach Rumba
3 The Pebble Beach Theme
4 Over The Rainbow
5 Take the "A" train
6 CUTE

もうすぐ 公民館まつり
 おそらく 公民館まつりで演奏する最後の機会になると思います。
 これまでも 公民館まつりでは 皆さんに楽しんでいただけるような曲を演奏してきました。
たとえ 息が苦しくても 
 楽しい(見た目にも)演奏にしましょう。
今日のワンポイント
 「曲の進行、転調などは 曲の始まる前に確認しておきましょう !! 」


2月7日
今日は ほぼ全員出席
公民館まつりも間近です。そろそろ本腰を入れましょう。
1曲目は ジョージア (まだ 本番では使えません)
公民館まつりでは、皆さんが知っている曲を楽しんでもらおうということで
LOVE 久しぶりではありますが、如何でしょうか。
 恋をしているときのウキウキな気分が出るといいのですがねぇ。
虹の彼方に これも オズの魔法使い でおなじみの曲です。
 トライアングルの チ〜ン をお願いしますね。
ここからは練習曲
マイ・フェバリット・シング
 トミー・ドシー楽団が演奏していたバージョンだそうですが 4拍子のアレンジでちょっとややこしい。
88ベイシー・ストリート
 ネスティコの曲でアドリブ、テーマ、アドリブ 後はごちゃごちゃと掛け合いで カナリややこしい。
  正直 何がどうなっているのか わかりません。
公民館用
 A列車で行こう
 ビヨンド ザ シー  ほっとします。 
本日の驚き 発言
 「公民館まつりっていつだっけ?」 本当に 頼みますよ !!


***********************************************************************


1月31日
所用で遅れて参加。間に合ってよかったです。
前日に届いた 新譜のお披露目ができました。
「シャイニー・ストッキングス」と「キュート」の2曲で、どちらもベイシーものです。
シャイニー・ストッキングスはネスティコがやさしめに編曲しなおしたものでしょうか。レベル3でした。
有名な曲ですので、学生時代や他のバンドで演奏されたことがある方には物足りないかもしれませんが、ご容赦を。
キュートはドラムが小粋なブラシをきかせるおしゃれな曲です。途中でベースのソロもあります。
皆さん如何でしたか?
お蔵にはしないでね。
新年会から、復活された管理人さんも連続で出席。ラッパ隊も3人でよかったです。
年末年始のお休みが長かったせいか。はたまた、記憶力の衰退でしょうか。
新曲以外も、あやしい演奏になってしまいました。
コンマス ごめんなさい。

3月1日は公民館まつりです。がんばらねば。



1月24日
久しぶりの練習ノートです。

今日はバンマスから 決意表明がされました。
今年は減免団体からはずれ、公民館まつり、音楽祭などの参加ができなくなるかもしれません。
今年というわけではありませんが、みんなで自主コンサートを開催しましょう!!
本番のために練習するのではなく、練習の先に本番があります。
自分たちは、社会人ですから、それぞれの都合もあります。練習に参加できないこともあります。
しかし、社会人のマナーとして練習を休むときは、必ず事前に連絡を入れてください。
連絡も入れないということは、バンドとメンバーに対する想いが低いということの裏返しではないでしょうか。『3回続けて、連絡なしで欠席されたときは、止めてもらいます!!』

減免団体解除 これを契機に
 みんなで 結束して いいバンドにしていきましょう。
  YES WE CAN!! 

今年の初練習 全員集合 !! 
 と行きたかったのですが インフルエンザでお休みの メンバーもいました。
  手洗い、うがい をしましょうね。
   ひとりはつらいよ。すぐにへろへろです。




>>>>>戻る<<<<